プロフィール

いんくZ

Author:いんくZ
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

188

新・小説1

知らない地面

恭子達家族は今年の夏は母の祖父の家で過ごす事になった、祖父の家の場所は恭子の住んでいる都心とは対照的に田舎

町である、恭子は余りに長い電車での移動時間に退屈していた、

「お母さんまだぁ?」

恭子は退屈そうに聞く、

「まだよ」

あきれた顔で言い返され恭子は黙り込む、そのうち恭子は列車の窓の外を見て自分の知っている高くて長い建物やコン

クリートの道路、混雑した道が無くなっている事に気付いた、それからしばらくたつと、母に手を引かれ、列車を降り

た、さびた看板、自分たち以外誰もいないホーム、駅を出ると土道にポツンとさびれた黄色い車が止まっていた、中か

ら年老いた男性が出てきた、すると母は、

「お父さん!」っと、大声を出した、恭子は小さい頃に一度あったきりだ、そのまま車に乗って祖父の家まで、行った

辺り一面、田んぼ、畑ばかり、恭子はつまらなそうにため息をついた、祖父の家に着くと、恭子はすぐに着替えて、畳

の上に寝転んだ、すると祖父がスイカを切って持ってきた、

「恭子、久しぶりだなぁ、元気だったかぁ?」

恭子は黙ってうなずいた、恭子は少し緊張していた、ほぼ初対面の人にそんなこと言われても、なんて返していいか分

からなかったのだ、スイカを食べながら、恭子も少し口を開いた、

「おじいちゃんに会うのは今回で2回目だね」

すると、

「おじいちゃんは3回目だぞ」

っとおじいちゃんはそのまま続けて、

「おじいちゃんは恭子が生まれた時にも会っているからなぁ」

おじいちゃんはスイカの皿を持って台所に行った、戻ってきたおじいちゃんは、

「散歩に行こうか」っと一言、恭子はやる事もないので、散歩に行く事にした、

おじいちゃんは「大きな橋があるよ」っと楽しそうだった、
スポンサーサイト
  • Date : 2012-06-29 (Fri)
  • Category : 未分類
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。